年間200人を突破した教師の懲戒免職

1年間で200人を超える教師が懲戒免職--。毎年暮れに文部科学省から発表される、前年の懲戒免職者がついに200人の大台を超え'12年は206人となったが、問題はその内訳だ。

「懲戒免職の理由で、“わいせつ行為等”が最も多い119人と、過去最高だったのです。文科省の調査では、わいせつ行為懲戒処分を受けた人数は、免職が119人の他、停職35人、減給11人など合わせて計186人で、男性が184人、女性が2人。また、小学校教員が49人、中学校が60人、高校が68人、特別支援学校が9人で、年齢別では50代が60人で最も多く、ついで20代が多くなっています」

livedoorNews記事
http://news.livedoor.com/article/detail/8446474/