インフルに効果! ススむ木造校舎回帰 学級閉鎖はRC造の3分の1以下

全国の学校で鉄筋コンクリート(RC)造から木造校舎への回帰が進んでいる。「子供たちが落ち着く」など教育上の効果だけでなく、「インフルエンザでの欠席が減る」といった意外な利点も注目されているというのだ。

茨城県潮来市立潮来小学校は昨年4月に改築し、まだ木の香りが残る。壁や床だけでなく柱や梁、ロッカーも木製だ。

zakzak記事
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140123/dms1401231533017-n1.htm