シェイクアウト訓練 災害時の対応確認

市民8900人が参加 つくばみらい

米国発の地震防災訓練「シェイクアウト訓練」が23日、つくばみらい市で開かれた。市が主催し、市内の幼稚園や小中学校、福祉施設などから市民約8900人が参加。身の守り方や避難所開設など地震災害時の対応手順を確認した。

茨城新聞記事
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13904803428500