<東日本大震災>引きこもりや暴力…被災園児25%問題行動

岩手、宮城、福島3県で東日本大震災当時に保育園児だった子どもへの調査で、暴力や引きこもりなどの問題行動があり、精神的問題に関する医療的なケアが必要な子が4人に1人に達することが、厚生労働省研究班(研究代表者=呉繁夫・東北大教授)の調査で分かった。友人の死や親子の分離、被災地での生活体験が原因と考えられる。サポートが行き届いていない子も多いとみられ、専門家は早期の対応を求めている。

毎日新聞記事
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140127/Mainichi_20140127k0000m040112000c.html