障害者の就活一体支援 相互理解へ“出会いの場”

2013年4月から障害者法定雇用率が引き上げられる中、障害者らの就労意欲の喚起から企業との面接までを一体的に行うイベントが注目を集めている。障害者の「就職活動」という側面だけでなく、企業や市民らが障害者への理解を深める「出会いの場」としての役割にも期待が寄せられており、参加団体が増加している。

大阪日日新聞記事
https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/140129/20140129032.html