社説:教育委員会改革 中立をどう担保するか

戦後の地方教育行政の“あるじ”が教育委員会から首長に代わる。中央教育審議会が答申した教委制度改革が実施されれば、大きな転換になるといえるだろう。

まず教育行政の「執行機関」の位置づけを教委から自治体の首長に移し、教委は首長に勧告などをする「特別な付属機関」になる。事実上の格下げともいえよう。

毎日新聞記事
http://mainichi.jp/opinion/news/20131224k0000m070112000c.html