児童養護施設のいま ドラマでは見えぬ現実

刺激的な内容が「誤解や偏見を生む」として批判の声が上がったテレビドラマ「明日、ママがいない」。その舞台となっている児童養護施設は近年、虐待を受けたり、障害のために親と離れて暮らさざるを得ない子どもたちの受け皿になっている。佐賀県内の施設を訪ね、フィクションではない現実を見つめた。

佐賀新聞記事
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2618579.article.html