「LINE疲れ」に陥る学生たち(上) 「返信は義務」80% 既読機能が苦痛に

便利なコミュニケーションツールとして利用者が増え続けている「LINE」。7月には、サービス開始からわずか2年で世界の利用者が2億人を突破した。無料に加え、大勢の仲間と同時に通話やメッセージのやり取りができることから、大学生には必須アイテムだ。

SankeiBiz記事
http://www.sankeibiz.jp/express/news/130821/exg1308211942002-n1.htm