発達障害の支援強化へ 県が小委員会設置し調査

学校や社会への不適応の一因になる発達障害の早期診断と適切な支援につなげようと、県は新たに設けた組織で発達障害者の生活実態やニーズを把握する調査を始めた。結果は二〇一四年度に改訂する新・障害者福祉しがプランに反映させる。

県障害者施策推進協議会の中に小委員会(委員長・北野誠一内閣府障害者政策委員)を設置。

中日新聞記事
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20140207/CK2014020702000026.html