教員の体験談で世界知る

1月初旬、愛知県豊川市立音羽中学校。小野健一教諭(38)が3年生の公民で外国為替相場について話していた。

「先生は商社で、ガラスの原料を船に積んでアメリカから日本へ輸入していました」

1トンあたり30ドルの原料を3万トン輸入する場合、1ドル=100円なら9000万円だ。それが1ドル=99円になると、8910万円に下がる。「(相場が)たった1円変わるだけで90万円も得をする」。生徒に驚きの表情が浮かんだ。

読売新聞記事
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20140210-OYT8T00370.htm