発達障害の人の就労支援 仕事を通じ能力引き出す

障害者の法定雇用率が昨年4月に引き上げられ、精神障害者の雇用が増えている。しかし、発達障害のある人にとって、障害者手帳を取得するか、一般の就職を目指すかは難しい選択だ。障害者として働くことで、どんなサポートが受けられるのか。現場を訪ねた。

産経ニュース記事
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140213/edc14021309000000-n1.htm