いじめ「相談した」45%、しない理由は「被害が悪化するから」75%…東京都が報告書

東京都教育庁は2月13日、「いじめ問題に関する研究報告書」をまとめ、公表した。調査研究によると、いじめられた経験をだれかに相談した児童・生徒は45%。相談しなかった理由では、「被害が悪化するから」が75%に上った。

リセマム記事
http://resemom.jp/article/2014/02/14/17123.html