NHK Eテレ「ハートネットTV] 『自閉っ子 学校へ 父が撮った240日』

放送日時 2014年2月24日(月)20:00から20:29
再放送 2014年3月3日(月)13:05から13:34

自閉っ子 学校へ ―父が撮った240日―

「自閉っ子 学校へ」を取材した番組ディレクターの田村です。番組で取り上げたのは、私の次男でいま、小学1年生になります。

私と家族は、彼が2歳の時、自閉症・発達の遅れが分かってから、ずっとその障害と向き合って生きてきました。2歳の時は、言葉がまったく出ず、自傷行為も激しく、いろいろな心療内科の医師に調べてもらっては、毎回同じように「自閉傾向がある」と言われる。「どうしよう」という漠とした不安ばかりだったのを、番組を作りながら、思い出しました。

そんな親の不安が少しずつ薄れていったのが、3歳から3年間びっしりとお世話になった地元の療育センターでの様々な体験を通してでした。息子は保育士や臨床心理士、医師などの様々な支援を受けました。いっぽう、親も母親の勉強会に加え、父親参加の勉強会も設けられ、先輩ペアレントからのアドバイスを受ける機会もありました。障害のある子どもと共に人生を生きる気持ちが固まった3年間だった気がします。

詳しくは、

NHk・ハートネット
http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/700/180719.html