「強度行動障害」対応学ぶ 支援者養成

自分の体や他人を傷つけ、物を壊してしまう-。知的障害の中でも深刻な特性を持つ「強度行動障害」。対応の難しさから社会的に孤立するケースも少なくない。佐賀県は18日、福祉サービス事業所の職員を対象にした支援者養成の研修会を開いた。120人が参加、3月まで3回の研修で障害の定義や適切な支援の在り方について学ぶ。

佐賀新聞記事
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2636900.article.html