神経発達障害やてんかんの病態解明に期待されるメカニズムが解明

大脳新皮質の神経回路網を構築するための基本メカニズム

名古屋大学は20日、名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・?橋雅英)神経情報薬理学分野の貝淵弘三(かいぶちこうぞう)教授と難波隆志(なんばたかし)特任助教の研究グループにより、大脳新皮質の神経細胞がどのような機構で軸索を形成するのかを明らかにしたことを発表した。

とれまがニュース記事
http://news.toremaga.com/nation/nnews/549533.html