発達障害抱える生徒の高校進学 「学び」の成功で社会的自立の一助に

学習障害(LD)や注意欠如・多動性障害(ADHD)、自閉症スペクトラムと診断され、発達障害を抱えるとされる生徒の受け入れ体制を整えた通信制高校がある。将来の自立へ向け、学ばせたいという親の思いをくみながら高校卒業を目指すという。

産経ニュース記事
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140227/trd14022710320005-n1.htm