精神障害者の暴力犯罪、抗精神病薬の服用で大幅に減少

精神障害者は、抗精神病薬を服用することで暴力犯罪を犯す可能性が大幅に低くなる。スウェーデンの精神障害者を対象とした大規模な研究によって明らかになった。この研究結果は英医学専門誌「ランセット」に掲載された。

ウォール・ストリート・ジャーナル記事
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304155604579551140569290178.html