心の障害、長期支援が大切 福井市のNPOが討論会

心の問題を抱える子どもや保護者らを支援するため、昨年設立されたNPO法人心の健康相談室こだちのもり(福井市光陽3丁目)は10日、通常総会とパネル討論会を同市の県社会福祉センターで開いた。パネリストは就労と自立の課題について家族が発達障害10+ 件、うつなどの状況をしっかり受け止め、関係機関と連携しながら長期的に支援することが大事だと指摘した。

福井新聞記事
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/50370.html