増加する大人の「多動性障害」

海外では、大人の10人に1人が多動性障害というデータが存在

増加する大人の「多動性障害」

ADHDという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。これは、注意欠陥多動性障害(AD/HD)といわれ、3つのタイプに分けられます。①多動性・衝動性が優位なタイプ、②不注意が優位なタイプ、①と②の両方を持っているタイプの3つです。

SNN記事
http://snn.getnews.jp/archives/306763