障害者雇用で国際セミナー(下) 鍵握る就労後の支援

障害者を雇用する事業者の国際組織「ワーカビリティー・インターナショナル(WI)」のメンバーを招いて開催された「障害のある人の労働・雇用国際セミナー」。オーストラリア、英国、米国、日本の現状報告から、障害者の一般就労の推進をめぐる課題が浮き彫りになる一方、地域作業所などでの蓄積を生かし、日本独自の制度構築を模索すべきとの声が上がった。

カナロコ by 神奈川新聞記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140429-00078163-kana-l14