精神障害者を民家で預かった歴史紹介 左京に資料館開館印刷用画面を開く

京都市左京区岩倉で江戸時代から戦後直後にかけ、精神障害者を民家で預かった歴史を伝える資料館がオープンした。管理者の城守茂右衛門さん(64)は「岩倉地域で精神医療がどのように発展してきたかを見てほしい」と話している

京都新聞記事
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20140103000020