思春期に発症 「起立性調整障害」に理解を

朝起きられず、いつまでもボーっとしている。起き上がると、めまいや立ちくらみがひどくなり、また寝込んでしまう。午前中が特につらい…。こんな症状を訴える子どもたちが少なくない。「起立性調節障害」という思春期特有の病気の可能性もあり、重症化すれば不登校の原因にもなる。しかし、広く一般に知られていないため、「怠け癖」「学校嫌い」などと誤解され、当事者は周囲の無理解や偏見に苦しんでいる。

佐賀新聞記事
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2604512.article.html