「厳しい視線覚悟」…大阪市公募校長に辞令交付

大阪市の校長公募制度で、市教委は7日、新年度に外部から採用する13人に対し、辞令を交付した。

13人は3月末まで学校現場などで研修を受けた後、4月に小中高校に赴任する。任期は3年~5年間。

13人はスーパー店長や人材サービス会社勤務の経験があり、男性11人、女性2人。年齢は40歳代が1人、50歳代10人、60歳代2人。赴任先は小学校8人、中学校4人、高校1人で、市教委は13人の意向を聞き取り、研修で適性を見極めて学校を決める。

読売新聞記事
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140107-OYT8T00805.htm