弁護士費用:高齢・障害者、国が立て替えへ 累犯防止で

政府は、罪を犯した高齢者や障害者を福祉につなぐ活動に携わった弁護士の費用について、国が立て替える制度を創設する検討を始めた。初犯者を含め、累犯に陥る可能性がある高齢者や障害者の社会復帰支援を強化することも狙いにあり、早ければ2014年秋の臨時国会に関連法案を提出する。

毎日新聞記事
http://mainichi.jp/select/news/20140108k0000e040220000c.html