アレルギー対策タッグ 修学旅行安心の食…京都

子どもたちが安心して食事をできる京都に――。

年間100万人以上の修学旅行生が訪れる京都府内で、府や宿泊施設、飲食店などが食物アレルギーを持つ子どもたちの誤食防止に向けた仕組み作りに乗り出した。観光都市ならではの先進的な取り組みとして、注目を集めている。

子どもの食物アレルギー対策を巡っては、東京都調布市で2012年12月、アレルギーを持つ女児が小学校の給食後に死亡した事故を受け、全国の教育委員会が教職員向けの研修会を開くなど、関心が高まっている。

読売新聞記事
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140111-OYT8T00608.htm