「実践に活かす 気になる子への支援ガイドブック」

気になる子への支援ガイドブック 発達障害は、一見しただけでは分かりにくく、周囲の理解が得られないため、適切なかかわりが遅くなることがあります。

子どもの困った気持ちに気付き、子どもにあった対応を早期に行うことで、現在または将来の生活上の困難さを軽減できるようになります。

そこで、保育士、幼稚園教諭や地域子育て支援センター職員向けに、発達障害をはじめ、子どもたちの特性に応じた適切な対応を促すためのガイドブックを作成しました(平成23年10月)。

A4サイズで、全32ページです。

詳しくは、埼玉県HPをご覧下さい。
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/hattatu/sassi-sienguidebook.html