障害者虐待36件 府内半年

障害者虐待防止法施行後、半年間(2012年10月~13年3月)で、府内で障害者への虐待として認定されたケースが36件あったことが府のまとめでわかった。うち32件は家庭内で起きていた。府は「障害者には意思表示が難しい人も少なくない。関係者の意識を高め、虐待を見逃さない体制作りを進めたい」としている。

読売新聞記事
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20140114-OYT8T01521.htm