学校統廃合は誰のため?
認知症の歯科治療、診療報酬を加算へ 厚労省
対策担当教員役割を評価
食物アレルギー10年で2・3倍 県内の公立小中校児童生徒
思春期に発症 「起立性調整障害」に理解を
頭を打ったら病院? 救急車? 小児科医に聞く受診の目安
発達障害の子ら 才能伸ばします 大学内に個別学習塾
県立特別支援学校教職員、臨時講師5人に1人 教育の質懸念
〔県立特別支援学校〕子ども急増、教諭採用追いつかず
ネットに教材、クラウドでどこでも学習試行へ
「亞堕夢(アダム)」や「優万旗(やんた)」 ありがた迷惑な「キラキラネーム」推しに苦悩
「キラキラネーム」で患者取り違えの恐れ? 救命医のツイッター苦言に賛否両論
キラキラネームは子ども虐待!だれも読めず恥ずかしい思い…焼酎の名前か?
余録:都会のオフィスで働く障害者をよく見るようになっ…
児童虐待判断マニュアル 群馬の小児科医、米の医学教科書翻訳
【社説】年のはじめに考える 障害を共に乗り越える
精神障害者を民家で預かった歴史紹介 左京に資料館開館印刷用画面を開く
家庭、心、傷癒えぬまま 宮城沿岸小中・本社アンケート詳報
発達障害を支える (3)自分で対処できる力 習得
発達障害を支える (4)就職面接 大学職員が同席
発達障害を支える (5)働く体験通じ「適職」知る
特別支援教育の概念図
障害気にせず癒やしの温泉、「専用旅館」今秋オープン/厚木
もがく非正規教員 05年比4割増、弱い立場に重責
非正規公務員4人に1人 九州の市町村、6割超す町も
教員に人生の手引書 県教委が質向上目指し作成、来月配布
タブレット効果過度に強調 県教委が資料修正
多様な性 学校で学ぼう 広がるLGBT授業 人権教育の一環 欠かせない教員の理解
<清流>カフェで輝く障害者の笑顔
障害者トラブルへの支援者育成  湖国の福祉関係者ら