徳田衆院議員が辞職願 4月に補選へ

大手医療法人「徳洲会」グループの選挙違反事件で、親族らが公職選挙法違反の罪に問われている衆議院鹿児島2区選出の徳田毅衆議院議員は、みずからの責任は免れないとして、24日、議員辞職願を提出しました。

議員辞職願は近く認められ、公職選挙法の規定で、補欠選挙は4月15日告示、27日投票の日程で行われる見通しです。

NHKWeb記事
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140224/t10015490311000.html